• UTmap Times 編集部

キャリア設計の必読書 vol.1-『未来をつくるキャリアの授業』著:渡辺秀和-

突然連載が始まりました、連載「キャリア設計の必読書」。今回は記念すべきvol.1ということで、キャリアデザインのプロであり、東大でキャリアについての人気授業も開講していた、渡辺氏の著書を紹介します。



『未来をつくるキャリアの授業』著:渡辺秀和


一橋大学商学部卒業後、株式会社三和総合研究所(現:三菱UFJリサーチ&コンサルティング)戦略コンサルティング部門などを経て、2008年に株式会社コンコードエグゼクティブグループを設立。1000人を越えるビジネスリーダーに対して、戦略系ファームをはじめとするコンサルティング業界、ファンド、事業会社幹部、起業家などへのキャリアチェンジを支援してきた経験をお持ちの方です。さらに、第1回「日本ヘッドハンター大賞」では、コンサルティングファームの採用責任者から日本No.1に選出され、初代MVPにもなっている、渡辺氏。そんなキャリアのプロである渡辺氏が書いた「キャリア・デザイン」の本が、この『未来をつくるキャリアの授業』です。


「キャリア・デザイン」とは、単に年収アップや有名企業に転職することではなく、自分の目標やゴールへの最短距離を戦略的に考え、実行することであるという考えのもと、実例を交えながら、どのようなキャリアの設計法や手段があるのかを解説しているのが本書です。キャリアについて考える重要性や、どのように今後のキャリアについて考えていけば良いのかを示してくれます。


著者は「キャリア・マーケットデザイン」という授業を2017年に本郷キャンパスで開講しており、毎回の講義に300名近くの学生が参加し、参加者からは「人生の半分くらいを占めるキャリアに対して漠然と不安を抱える今、こういったキャリアのことについて考える授業は今までになく革新的でぜひ今後も受けたいと思いました。」や、「キャリア教育とは大学のアカデミアに全く関係のないものであり、正直大学で講義を行う必要はないと考えていた。しかし、キャリア選択というのが私たちのポテンシャルを最大限生かし、人生のパスをフルに楽しむいわば『高速道路』であるというお話しを伺った時、この講義は「大学での学びをどう社会に還元するか」というまさに大学教育にとって不可欠なものであると理解できた。」などの声が上がるなど、非常に好評だったようです。残念ながら、この講義は現在は開講されていないのですが、『未来をつくるキャリアの授業』で追体験してはいかがでしょうか?




 

UTmapは東大生の、東大生による、東大生のためのキャリア設計プラットフォームです。

Copyright © UTmap. All rights reserved.

Google%20Download_edited.png
App%20Store_edited.png